携帯電話やスマートフォンの普及によって、街中からどんどん消えていく公衆電話機。誘拐監禁事件では、緊急時における役割が改めて評価されました。
ですが、今や小学生の半数弱が公衆電話機を使った経験がないといいます。
公衆電話が減っている背景には携帯電話の普及があるとは思いますが、自分のこととして考えてみて、いきなり見ず知らずの人に連絡を取りたいから、携帯電話やスマホを貸してくれと言われても素直に貸せるかどうかは分かりません。
大人なら緊急事態であることを視聴し、電話を持っている方に直接110番してもらうことを考え付くかも知れませんが、児童・生徒の場合は大人に声を掛けて電話を貸してもらったり、相手に電話してもらうように頼むのは難しい場合もあるでしょう。
大きな遭難や事故・事件でなくても、ひょんなことからインキーをしたまま車を降りてしまい、何も持たずに車の外に出てしまって途方に暮れてしまうようなことは、今の世の中でも起こるかも知れません。今後の日本の社会はますます都市部に人口が集中し、山間部などは過疎化が進むことで、今よりも車の旅で山間部を訪れて、こうしたトラブルに巻き込まれてしまったら、最終的には公衆電話が最も頼りになる外部との連絡手段になるでしょう。
今後の公衆電話の運命というのがどうなるかは分かりませんが、最近ではキャッシュレスで決済できる手段が当たり前になっているため、中に入っている小銭を目的に窃盗の被害に遭うこともないでしょう。ライフラインの一つとして、公衆電話は日本全国どこでも必ず置いてある所を定めて欲しいですし、小銭を切らしていても連絡ができるような、非常用の仕組みは確保できていてもいいのではないかと思います。
ただ、現状を見ると、とりあえず車の旅では外に出るときにも、必ずスマホや携帯電話を持って出る方がいいと思いますし、少しの小銭くらいはポケットに入れて持って行くぐらいの用意はしておきたいです。
シースリー 本八幡